命を絶つ程の苦しみから解放|誰にでも起こるうつ病について知る

心の医療

病院

ストレスとの関連性

労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度導入により、さまざまな職場でストレスとうつ病との関連性に関心が集まっています。現時点ではまだまだ様子見の段階にある職場も少なくありませんが、近い将来には誰もがストレスに無関心ではいられなくなることも予想されます。実際、精神科をはじめとした病院に足を運び、心の病にかかっていないかチェックを行う方は年々増加しています。そして細かい検査を行うことによって、うつ病の発症が発覚したという方は後を絶たないのです。発症には多くのケースでストレスが関わっており、特に職場や仕事内容によるストレスは決して無視できません。多くの人が今この瞬間も重いストレスにさらされ続けているのです。うつ状態が長く続くと、やがてうつ病を発症するようになります。しかしながらこの病気は、何も特別な病気なのではありません。職場や学校などでストレスにさらされ続けている限り、誰でも発症する可能性を持っています。うつ病を発症する人の多くは真面目で責任感が強いため、職場や家庭でも頼りにされているものです。そのため1人で何もかも背負い込んでしまいやすく、心がその重荷に耐えられなくなったときに発症します。ストレスの高い状態が長く続いたために、知らず知らずのうちに心が疲れて果ててしまうのです。その状態に陥ると、気の持ちようだけで心の健康を取り戻すことは難しくなります。放置しておくと症状が悪化してますます治りにくくなりますので、そうなる前に心療内科や精神科などの病院を受診することが望ましいのです。ストレスチェックをきっかけとして、うつ病の疑われる人が早めに病院を受診するようになれば重症化を防ぐことにもつながると期待されます。

心の治療法

うつ病というのは、単純に心だけの病気というわけではありません。患者の脳内では神経伝達物質の活動が低下しているため、それがさまざまな症状の原因となっています。脳の機能的な症状改善のためには、身体疾患のケースと同様に薬物療法が有効です。心療内科や精神科といった病院で医師がうつ病患者に処方する薬は、市販される薬より効果の強い、抗うつ薬が中心となります。しかし効果が強い半面ある程度の副作用もあるため、服用しながら様子を見て薬の種類や量を調節します。このような薬は、病院を受診して医師に処方してもらわなければ飲むことができません。高度な専門知識と豊富な経験を持つ医師だからこそ、適切に処方できる薬なのです。うつ病治療では多くの場合、薬物療法とともに精神療法も併用されます。精神科医や臨床心理士との対話を通じて患者は自分の心と向き合い、前向きな考え方を取り戻していきます。この点でも精神科医や臨床心理士といった病院スタッフには、プロならではの信頼性を置くことができます。対話相手としては患者自身の家族や友人など、心を許している人が務めることも不可能ではありませんが、病院スタッフには多くの患者と接してきた経験があります。うつ病患者の心を治療の方向へと道いていくのに、精神科医や臨床心理士ほどの適任者はいないのです。うつ病の患者に「頑張れ」という言葉は禁句だとよく言われますが、心のケアのプロなら、こういった接し方のタブーをある程度熟知しています。そのため、心の病を抱える患者を最短距離で治療に導いてくれるでしょう。