命を絶つ程の苦しみから解放|誰にでも起こるうつ病について知る

誰でもなりうる心の病

カウンセリング

心の病に向く科目は精神科

現代には心の病を診てくれるところはたくさんありますが、気を付けたいところは専門科目です。心の病に関する科目には精神科・神経科・心療内科があり、どれか一つの科目ではなく神経科と心療内科を専門科目としているところもあります。精神科は心の病全般、神経科は脳、心療内科はストレスによる心身症主として診ます。そして、診てくれる医療機関には大学病院・総合病院・メンタルクリニックなどがあります。心の病についての相談を受け付けているところは、病院やクリニック以外にも保険所や心理相談室などがあります。医療機関や相談窓口にはそれぞれの特徴がありますが、診てもらうことに関してオススメなのは精神科を専門科目としているところです。神経科では脳に異常が発見できる統合失調症などには向きますが、精神的な問題が大きいうつ病などには向きません。心療内科は体に現れるものを主として診るので、心だけに現れているなら向かない科目です。まずは脳の異常や心身症も含めて診てくれる精神科へ行く人が多く、大学病院や総合病院などの大きな医療機関では精神科は必ずあるというほどに利用する人が多い科目です。はじめは脳や心身症を専門とするところではなく、精神が関係して起きる症状を全般的に診ることができる精神科のある病院へ行くことをオススメします。精神科にて脳の異常を疑われたり心身症ではないかと診断された時には、今後受診する科目が神経科や心療内科に変わることもあります。心の病を診る時には、精神科から始まり病態により神経科や心療内科が関わってきます。

自分の性格を理解する

うつ病は心の風邪と言われることもあるように、なってしまう人が多いものです。正常な精神状態であれば、ショックなことや悲しいことがあっても時間の経過と共に自分というものに戻ります。しかし、ショックな気持ちや落ち込みが治まらなかった場合にはうつ病である可能性が高いとされます。うつ病は誰でもなりうるものだとされますが、もともとがストレスに弱い人・生真面目な人・情に厚くて人付き合いが良い人・完璧主義者な人などがなりやすいと言われています。もともとストレスに弱い人は、その自分を受け入れてストレスを感じたら解消する時間を積極的にとると良いでしょう。解消方法はさまざまですが、ただ一人の時間を過ごすだけでも効果がある人もいます。生真面目な人や完璧主義な人は、良く言えば頑張り屋さんです。しかし融通が利かないので、自分を休めることに対して抵抗を持っている人が多いとされます。神経質になって物事を成し遂げようとするので、心身共に疲れているのは確かです。休ませるためには周囲の人が休んでほしいとお願いするように伝えることが効果的ですが、休んでも色んなことが気になってしまう場合は入院も良いでしょう。入院することで本人が気にするようなこと(家事や仕事のこと)から離れるので、自宅にいる時よりは治療に専念できるようになります。情に厚くて人付き合いが良い人も同様に、入院をすることで社会から離れるので治療の効果が出やすくなります。入院と聞くと良くないイメージがあるかもしれませんが、どんな人でもとにかく治療に専念させることが必要なので専念できる場所に入ることも良いでしょう。