命を絶つ程の苦しみから解放|誰にでも起こるうつ病について知る

誰でもなりうる心の病

カウンセリング

心の不調を感じたら、まずは精神科のある医療機関に行くことをオススメします。神経科や心療内科は、精神科で診断を受けてからお世話になることがあるところです。精神疾患は誰がいつなるか分からないもので、特にうつ病は身近なものです。病院・心療所・保健所・相談室などに相談することで、早期回復の期待ができます。

More Detail

心の医療

病院

ストレスチェック制度の導入により、ストレスとうつ病との関連性に注目が集まっています。心療内科や精神科といった病院では、専門知識と経験を持つ病院スタッフのサポートで薬物療法や精神療法が行われます。病院スタッフを信頼して治療を続ければ、うつ病が治る日は必ずやって来るものです。

More Detail

産後にかかってしまう病気

男の人

まだ原因が分かっていない

出産を終えてからの女性の中には、産後にうつ病のような症状を発症する産後うつになる人が増えています。5パーセントから8パーセントの人が命を断ってしまうのだそうです。赤ちゃんは夜鳴きが多く、なかなか夜眠れなくなる状態が続いてしまうケースもあります。妊娠したことによるホルモンバランスの変化も重なっている場合もありますが、実は産後うつの原因はまだはっきりと解明できていないのが現状なのです。妊娠中に発症するうつ病とはまた違って、軽度の症状もあれば重症の場合もあり、短期で治る人もいれば長期にわたって発病することもあります。あまりに重症化しすぎてひどい場合は自分の生んだ子供を殺めてしまったり、無理心中を図ってしまったりしてしまう人もいます。原因ははっきりと分かっていませんが、考えられている原因として、心理的又は社会的要因であると言われています。たとえば普段の生活の中で、対人とのコミュニティ不足があったり、配偶者からの支援が不足だったりする場合に、産後うつにかかる確率が高まっていると言われています。最近では、望まぬ妊娠という言葉を耳にすることがあり、それによって女性が産後情緒不安定となってしまうのはよくあります。望まぬ妊娠から結婚しないで妊娠してしまい、相手の男性が認めてくれない、受け入れてくれなかった場合も事実として出てきています。未婚のまま出産してしまうと、産後うつになる可能性も高まるといいます。子供を育てる不安、母親になることへの世間での不安など、いろんな不安やストレスが重なって発症するのではと考えられ、今ではその産後うつに関しての研究が進められており、その原因と治療の解明に取り組んでいるため、いつかは治療法も進んでくるようになるかもしれません。

女性だけでなく男性もなる

産後うつとなった場合は心療内科や精神科などのような病院で診てもらうことも良いのですが、その場合ははっきりと育児中だということを伝えることが必要です。産後は赤ちゃんに授乳している時期でもあり、もし病院でうつ病だけと診断され抗うつ薬を処方され服用すると、授乳する赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があるためです。そのため処方される薬の服用には気をつけなければなりません。産後うつとなって病院で診てもらって治療をする場合は、対面で行なうカウンセリングが主といわれています。治療によって又は薬によって母親の体に負担をかけないように、赤ちゃんにも影響が出てこないようにカウンセリングで心の負担を軽減できるようにしていきます。そのため、病院で診てもらう場合はちゃんと授乳中であることを医師に伝えなければなりません。そして産後うつというものは女性がなってしまう病気だと考えられていたりしますが、実はそうではなく男性でもなる可能性はあるものなのです。男性がかかってしまう場合は、おおよそ産後から半年経ってからと考えられており、妻が産後うつとなってしまった場合にかかりやすいといわれています。育児中に夫婦の片方が精神的に不安定となる場合、育児の負担と不安も重なってくることから、そのうえ妻が精神的に不安定となることで一気にストレスがかかってしまい夫も産後うつとなってしまうことはあります。なので産後うつという病気は女性だけの問題として考えるのではなく、全体の問題として考えなければいけないことでもあるのです。またこういった産後のうつ以外にも、うつ病には様々な種類があります。誰にでも可能性はありますし、どういった症状が出るのかも分かりません。最悪の事態を招かないようにするためにも、いつもと環境が変わったり、性格などが変わったりしているように感じるときには、医療機関への受診を早めに行なうようにしましょう。命を絶つ程の苦しみから解放されるはずです。

受診をためらっている方へ

先生

うつ病は放置していると悪化して治りにくくなるのですが、多くの患者は病院を受診することをためらっています。医師に相談することが症状改善への第一歩です。病院では薬物療養と精神療法という心身両面からの治療を実施しているためうつ病を治すことも可能なのです。

More Detail